EV活用でカーボンニュートラル、NTT西日本とREXEVが提携

エコカー レスポンス

NTT西日本グループは7月20日、REXEVと資本・業務提携し、電気自動車(EV)の普及に向けた課題解決しカーボンニュートラルの実現へ貢献する事業の開発で協力すると発表した。

NTT西日本グループでは、地域社会のカーボンニュートラル推進に向けた重要な取り組みの一つとしてEVの普及拡大に貢献するソリューションの提供を目指している。今回、ソリューションを早期に開発・展開していくことを目的と、EVマネジメントに関する先駆的技術を持つREXEVに出資して協業することで合意した。

NTT西日本グループでは、顧客のEV導入時における課題を総合的に解決することでEVシフトを支援し、温室効果ガス削減につながるソリューション開発を進めている。このソリューションの実現に向けてEVを「モビリティ」と「蓄電池」の価値を統合して管理する新たなエネルギーマネジメントの技術システムを持つ REXEVと協業する。

具体的には、NTT西日本グループの再生可能エネルギーと ICTを統合した総合コンサルティングと、REXEVのEVエネルギーマネジメントに関する技術システムを組み合わせることで、再生可能エネルギーとEVの普及を促進する各種ソリューションを共創する。2022年度下期より本格的な市場展開を目指す。

また、EVを電力需給調整力として活用するためのVPPサービスや、EVを活用したスマートシティサービス実現に向けた検討を進めて、温室効果ガスを削減し豊かでサスティナブルな地域社会の実現に貢献していく。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ