“ガンダム”をイメージしたラゲッジは強烈インパクト!…マツダ アクセラスポーツ前編[インストール・レビュー]

テクノロジー レスポンス

広島県のWarpsで愛車のアクセラスポーツをカスタムインストールした森上さん。ラゲッジはモビルスーツイメージで個性的で手の込んだデザインがビシビシ投入された極上の仕上がり。ゲートオープンすると飛び込んでくるアピール度満点のインストールを見よ。

◆ガンダムイメージのデザイン処理が個性的

ブルー×ホワイトの色使いと立体処理が見どころ

アクセラスポーツのラゲッジスペースをフルカスタムして、ゲートオープン時のショーアップ効果を最大限に引き出したのが森上さんの愛車。カスタムデザインのテーマにしたのはユニコーンガンダム。白を基調としつつ曲線と立体感を兼ね備えたデザインセンスで、唯一無二のラゲッジインストールを完成させた。

コの字形状&立体的に組まれたラゲッジは、中央部にサブウーファー、その両サイドに外向きスピーカー、さらにフロアにはパワーアンプをレイアウトする構成。フロアの床下にはエアサスのユニット群を半ば埋め込んでインストールする構造で、すべての面に何らかのユニットがビルトインされている手の込んだ処理とした。

しかもホワイト×ブルーのカラーリングに加え、グレーを部分的に用いるカラーコーディネートでセンスの良さを感じさせる仕上がり。各ユニットを中心としたデザイン処理で、ユニットをラゲッジの一部として融合させることに成功。たくさんの面を組み合わせて作る独特の造形はとにかく個性的。モビルスーツをイメージしてオーダーしたと言う意味がこのデザインを見ると理解できるだろう。

◆中空に突き出すサブウーファーのマグネット面

個性的なユニットインストールでも魅せる

ラゲッジにインストールするユニットは実はそれほど多くない。オーディオインストールの手の込んだデザイン処理が隙間無く施されているため重厚&繊細なデザインの印象を強く受けるのだろう。

そんなラゲッジのシンボル的なユニットになっているのがヴァイブオーディオのサブウーファー・CVEN12SW-V4。ラゲッジ前方のウォール面にマグネット面を見せるスタイルで逆付けインストールされる。中空に浮かぶサブウーファー背面のスタイルはかなり個性的。ゲートを開けると真っ先に目が行くのはここだ。

外向きスピーカーは両サイドのウォール面に取り付けられる。ユニットにはヴァイブオーディオの16.5cmミッドバスユニットであるBD PRO 6M-V4をウォール面にビルトイン取り付け、さらに同ブランドのブレットツイーターをアクリルを使ったバッフル面を製作して固定する手法としている。

それらのユニット群をドライブするパワーアンプにはヴァイブオーディオのCVENCH6-V4をチョイス。6チャンネルの大型パワーアンプは、これ一台ですべてのスピーカー群をドライブしている。ラゲッジフロアのエアサスユニットのさらに奥にインストールされているが、そのサイズ感ゆえに存在をアピールしている。

◆細部に渡ってデザイン性を追求した取り付け

エアサスユニットのフロア下への設置も見どころ

ラゲッジは細部に渡って手の込んだデザイン処理が施されているのが一見するだけで判断できる。その入念な作り込みの一端を見ていくこととしよう。フロアは大きく開口して床下スペースに埋め込み設置したエアサスユニットを見せる構造になっているのも独特。床下の方向にも奥行きを感じさせるインストールとなり、奥行き感をアップさせている。

さらに各部の造形は徹底して芸が細かい。ブルーのベースパネルに対してホワイトのレザー処理を施した異形のパネルを組み合わる構造だが、ひとつひとつのホワイトパネルの造形はすべて異なっているという手の込みよう。部分的にグレーの処理を配置することでラゲッジのデザインが単調になることを防いでいる。さらには部分的に間接照明を加えてブルーのベース面をライトアップ。その複雑なデザインこそがこのクルマのイメージになっている。

細かな処理を積み重ねた繊細で詳細なカスタムを込めたラゲッジ。カラーリングや造形に徹底してこだわり、アピール度満点のオーディオインストールを作り上げた。次回の後編ではフロントステージ回りのコンセプトや作り込みについて紹介していこう。

土田康弘|ライター

デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。

  • 土田康弘
  • 大好きなアクセラスポーツに大胆かつ繊細なオーディオインストールを込めた。ホイールとラゲッジもカラーコーデされている。
  • ラゲッジの4面すべてに対してスキの無いデザインを作り上げた。ユニコーンガンダムのイメージを再現するのがテーマだ。
  • ブルーベースに対してホワイトの異形パネルを組み合わせる独特のデザイン処理。各ユニットはラゲッジの一部として融合される。
  • ラゲッジの前面ウォールからグイと突き出すマグネット面が存在感満点。ヴァイブオーディオのサブウーファー・CVEN12SW-V4を採用。
  • パワーアンプにはヴァイブオーディオの6チャンネルモデルであるCVENCH6-V4をチョイス。大型アンプは存在感も満点だ。
  • 外向きスピーカーにもヴァイブオーディオを採用。16.5cmのミッドバスとブレットツイーターを組み合わせて音のアピールも万全。
  • ラゲッジフロアにはエアサスのユニット類を埋め込み取り付けしてある。床を掘り下げるデザインでラゲッジ全体の立体感を演出。
  • ブルー、ホワイト、グレーのカラーコンビネーションが絶妙に決まるラゲッジ。個性的な造形とも相まってアピール度満点だ。
  • ラゲッジフロア後部にはアクリルドームを使ったイルミ処理を込める。ショップロゴを込めたデザインで変化を付ける。
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ