EV、FC大型トラックの導入とエネルギー利用最適化…ヤマト運輸

業界 レスポンス

ヤマト運輸は7月19日、群馬県内で電気自動車(EV)による集配とエネルギー利用を最適化するプロジェクトを推進すると発表した。他社と共同で燃料電池(FC)大型トラック導入とエネルギーマネジメントシステムの活用にも取り組む。

同社は新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募する「グリーンイノベーション基金事業/スマートモビリティ社会の構築」に応募した。単独での「グリーンデリバリーの実現に向けたEVの導入・運用について」と、他社と共同で実施する「商用電動車普及に向けたエネルギーマネジメントシステムの構築・大規模実証」の2件が採択された。

「グリーンイノベーション基金」は、2050年カーボンニュートラル実現に向けて2020年12月に組成された2兆円の基金。

群馬県で集配車両にEVを導入して運用オペレーションの最適化や、充電電力平準化システムの開発、拠点間電力融通システムを開発する。

また、佐川急便やセブンイレブンジャパン、日本郵便などとの共同提案事業として東京〜大阪間/東北間に、FC大型トラックを導入するとともに、FC大型トラックの運用における共同のエネルギーマネジメントシステムを活用する。

  • レスポンス編集部
  • グリーンイノベーション基金事業/スマートモビリティ社会の構築の概要《画像提供 NEDO》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ