電気バス100台を運行管理---システム開発へ 関西電力やNEXCO東日本など

エコカー レスポンス

関西電力やNEXCO東日本などは7月20日、電気バスの運行管理と一体化したエネルギーマネジメントシステム(EMS)を共同開発すると発表した。

電気バスの運行を管理するシステム(FMS)と電気の充電を制御するEMSを開発し、電気を使用する時間を分散することで、最適なエネルギーマネジメントを実現する。今回の開発では、公道にコイルを埋設するなど、実際の使用状況に近づけた環境下での使用を目的に、自動車専用道路を含む公道での走行中給電システムの開発にも取り組む。

その上で、2022年度以降、大阪市高速電気軌道が電気バス100台を導入し、関電、NEXCO東日本、ダイヘン、大林組と共同で運行管理や充電制御に関する実証実験を実施、2025年度の大阪・関西万博会場内外での電気バスの運行を目指す。万博閉幕後も大阪市内で運行を継続し、2030年度まで実証実験を実施する計画。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募した「グリーンイノベー ション基金事業/スマートモビリティ社会の構築プロジェクト」に採択されたもの。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ