アルピーヌ A110 にEV、242馬力モーター搭載で0-100km/h加速4.5秒…プロトタイプ

新車 レスポンス

ルノー傘下のアルピーヌ(ALPINE)は7月21日、『A110』をベースにしたEVプロトタイプ『A110 E-TERNITE』を欧州で発表した。

◆1回の充電での航続は最大420km

A110 E-TERNITEのモーターは、最大出力242hp、最大トルク30.6kgmを発生する。0〜100km/h加速4.5秒、最高速250km/hの性能を可能にした。内燃エンジン搭載のA110の0〜100km/h加速4.2〜4.4秒、最高速260〜280km/hと比較しても、遜色ない動力性能といえる。

バッテリーは、『メガーヌE-TECHエレクトリック』用をベースにしており、蓄電容量は60kWh。A110への搭載にあたっては、スポーツカーの運動性能に影響を与える前後重量配分にこだわったという、12個のバッテリーモジュールを車載化するために、専用のバッテリーケースを設計した。12個のバッテリーモジュールのうち、4個をフロントに、8個をリアに搭載。前後重量配分は、42対58とした。これは、内燃エンジン搭載のA110の前後重量配分43対57とほぼ同等だ。

車両重量は1378kgと、内燃エンジン搭載車から258kgの増加に抑えた。1回の充電で、最大420km(WLTPサイクル)の航続を可能にする。

◆新開発のオープンルーフ

トランスミッションは、内燃エンジン搭載のA110と同様、電子制御式のダブルクラッチ(DCT)とした。ただし、EVパワートレイン向けに専用設計されている。具体的には、コンパクトさや軽量さを維持したうえで、トルクの低下を回避できるシステムを開発したという。

また、A110 E-TERNITEでは、ボディ剛性を低下させることなく、新開発のオープンルーフを組み込んだ。2つのルーフシェルにリサイクルされたカーボンを注入することで、ボディ剛性に影響を与えることなく、シンプルで軽量なオープンルーフを実現したという。

室内には、パーソナルタブレットを使用したマルチメディアシステムを採用した。Appleやグーグル「Android」をベースにした直感的で自然なコネクト体験を追求した。サラウンドサウンドを可能にする8スピーカーオーディオシステムも搭載している。

◆A110後継EVの開発における実験車的意味合い

パワートレインを電動化する次期アルピーヌA110の開発における実験車的な意味合いを持つ。すでにアルピーヌは、英国のロータスカーズとの間で、次世代EVスポーツカーの共同開発を含めた多くの分野における提携に向けて、覚書に署名した。アルピーヌとロータスカーズは、フランスと英国のそれぞれの部門が持つリソース、専門知識、施設を活用して、EVスポーツカーの共同エンジニアリング、設計、開発が実現可能かどうか、調査を行う。

さらに、アルピーヌとロータスカーズは、エンジニアリングのノウハウを組み合わせた新たなサービスを共同開発することに関しても、検討していく。F1から耐久レースまでをカバーするアルピーヌのモータースポーツプラットフォームを活用するためのコラボレーションも検討している。アルピーヌは、ロータスカーズとともに、カスタマイズされたソリューションのエンジニアリングや、次世代のEVスポーツカーの開発などを進める。アルピーヌはF1をビジネスの中心に置き、自社のノウハウにロータスカーズの技術を活用して、最先端のパフォーマンスやテクノロジー、電動化を車両に投入していく。

アルピーヌとロータスカーズの協業において、市販車の最初の成果となりそうなのが、A110の後継モデルだ。アルピーヌA110の後継モデルに関しては、ロータスカーズと共同開発を行い、100%EVになるという。

  • 森脇稔
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
  • アルピーヌ A110 E-TERNITE《photo by ALPINE》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ