電動アシスト自転車でVRマーケットを巡る…ヤマハ発動機がシェアライド提供

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、HIKKYが8月13日から28日にかけて開催する世界最大級のVRイベント「バーチャルマーケット 2022 Summer」に電動アシスト自転車3モデルを出展。VRワールド内を移動できる無料のシェアライドサービスを提供する。

バーチャルマーケットは、アバターなどのさまざまな3Dアイテムや、リアル商品(洋服、PC、飲食物など)を売買できる、世界最大のVRマーケット。開催期間中は24時間運営されていることから、日本はもとより世界中から100万人を超す来場者で賑わう。昨年、ヤマハ発動機は、業界初の「VRシェアライドサービス」として『R1』と『MOTOROiD』を提供した。

今回提供する電動アシスト自転車は、スポーツ電動アシスト自転車「YPJシリーズ」のフラッグシップモデル『YPJ-MT Pro』、軽量コンパクトな20インチモデル『PAS CITY-C』、気軽にスポーティな走行感覚を楽しめる24インチモデル『PAS CITY-V』の3車種。来場者は、バーチャル空間上でヤマハ電動アシスト自転車を走行体験でき、乗る楽しみや製品の魅力を感じることができる。

また、会場にはアンケートリンクを設置。回答者全員に、三輪スクーター『トリシティ125』をモチーフに"擬トラ化"したキャラクター「トラシティ125 by あみぐるみ」3Dモデルをプレゼントする。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤマハ YPJ-MT Pro
  • ヤマハ PAS CITY-C
  • ヤマハ PAS CITY-V
  • トラシティ125 by あみぐるみ
  • バーチャルマーケット 2022 Summer
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ