ジムニー変形? 5ドアキャンパーのウォームス ジムリィ…東京キャンピングカーショー2022

新車 レスポンス

いかついフェイス、ブロックタイヤでどこまでも走っていけそうな軽キャンパー。このクルマのベース車がスズキ『エブリイ』だと知ると、思わず「えっ!? ほんと?」と担当者に聞き返してしまうほど。しかもグリルまわりはどこかでみたことあると思ったら、同じくスズキの『ジムニー』だと聞いて、2度びっくりする。

これぞ、ルートシックスが東京キャンピングカーショー2022で披露した「ウォームス・ジムリィ」。その名のとおり、ジムニーとエブリイのいいとこ取りで、内装は完全自社生産・リアルウッドで職人が仕上げた「木のぬくもりを最大限に生かした居住空間」が売り。「使い込めば使い込むほどに味が出て、所有者の愛がにじみ出てくる」という。

マットをリアに収納し、畳んでしまってあったセカンドシートを起立させると4人乗り空間に。また、マットを展開してベットにすると、縦1800mm・横1170mmの寝室空間が広がり、大人2人がゆったりと眠れる。

さらに、マットの下に隠れているテーブルを電子レンジ横にセットすれば、リアゲートに映る眺望を楽しみながらのカフェ空間もつくれる。このテーブルをリアバンパーに立て掛ければ、車外リアゲート下での使用もできる。

乗車定員4名・就寝定員2名。デモカーは360万円ほど。ルートシックスの茨城県水戸市、埼玉県川越市、神奈川店綾瀬市、群馬県伊勢崎市、福岡県小郡市にある各拠点に展開する予定という。

また、ジムニー皮を「なし」にした、普通の「ウォームス」は、250万円ほど。ジムニーライクな5ドアをとるか、エブリイのまんまをとるかの選択も楽しいはず。どちらにも、80Ahサブバッテリー・走行充電システム・LED証明4か所・電子レンジ・外部電源取り込み・天井収納・両サイドキャビネット・テーブル・ベッドマットが標準装備される。

  • 大野雅人
  • ルートシックス「ウォームス ジムリイ」(東京キャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
  • ルートシックス「ウォームス ジムリイ」(東京キャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
  • ルートシックス「ウォームス ジムリイ」(東京キャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
  • ルートシックス「ウォームス ジムリイ」(東京キャンピングカーショー2022)《写真撮影 大野雅人》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ