GMの純利益21%減、半導体不足が生産に影響 2022年上半期決算

業界 レスポンス

GM(General Motors)は7月26日、2022年上半期(1〜6月)決算を発表した。増収・減益となっている。

同社の発表によると、売上高は717億3800万ドル(約9兆8130億円)だった。前年同期の666億4100万ドルに対して、7.6%増と増収を維持した。

一方、2022年上半期の純利益は、46億3100万ドル(約6335億円)だった。前年同期の58億5800万ドルから、21%の減益となっている。

増収は新車価格の上昇によるもの。そんな中で減益となったのは、世界的な半導体不足の影響により、生産台数が減少したためだ。

GMのメアリー・バーラ会長兼CEOは、「過去1年間、半導体不足などのプレッシャーにもかかわらず、強固な業績を達成してきた。キャッシュフローを改善するために、コスト削減を含む積極的な措置を講じている」と述べている。

  • 森脇稔
  • GMの米国ミシガン州工場で生産されているシボレー・ボルトEV《photo by GM》
  • GMのアーリントン工場《photo by GM》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ