デフロスタが使えなくなる…スズキ エブリイ など4車種をリコール

テクノロジー レスポンス

スズキは7月28日、『エブリイ』など4車種について、ヒータユニットに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、エブリイの他、日産『NV100クリッパー』、マツダ『スクラム』、三菱『ミニキャブ』の計4車種で、2022年3月21日から5月31日に製造された9011台。また、修理で対象となる部品が組付けられた6台と、交換修理用部品として出荷し、組付けられた車両が特定できない部品8個も対象となる。

今回のリコールは、マニュアルエアコンのヒータユニットにおいて、吹出し口切替え機構の構造が不適切なため、高温条件下で吹出し口切替えダイヤルを素早く操作すると、内部部品が外れ、操作不能になる場合があるというもの。そのため、デフロスタが使用できず、前面ガラスの視野を確保できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ヒータユニットに内部部品の外れ防止用ブラケットを追加する。また、吹出し口切替えケーブルを点検し、曲がりのあるものは当該ケーブルを新品に交換する。

不具合は6件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所《図版提供 国土交通省》
  • 対象車種《表提供 国土交通省》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ