ヤマト運輸、EVトラック500台を導入…日野 デュトロ 配備

業界 レスポンス

ヤマト運輸は、超低床・ウォークスルーの国産小型商用EVトラック『日野デュトロ Z EV』を8月10日から首都圏を中心に順次500台導入すると発表した。量産型の国産小型商用EVトラックの導入は国内初となる。

ヤマトグループは、2050年温室効果ガス排出実質ゼロおよび2030年温室効果ガス排出量48%削減(2020年度比)の実現に向けて各取り組みを進めており、その主要施策の一つとして、2030年までにEV 2万台の導入目標を掲げている。7月27日にはCJPT社と共同で、電動車普及に向けてカートリッジ式バッテリーの規格化・実用化の検討開始を発表するなど、カーボンニュートラル社会実現のために積極的な取り組みを進めている。

日野デュトロ Z EVはラストワンマイルに最適化した小型商用EVトラックだ。ゼロエミッションと高い静粛性で周辺環境にも配慮。超低床により、荷役作業性や乗降性を大幅に高めている。一充電走行距離(WLTCモード)は150km。荷室に直接移動可能なウォークスルーバン型と、用途に応じた荷台を架装できるキャブシャシ型を設定している。

ヤマト運輸は、2021年11月から日野自動車と共同で、日野デュトロZ EV ウォークスルーバン型を用いた集配業務の実証実験を実施。温室効果ガス排出量の削減効果や、集配業務における効率性・実用性について検証し、効果を確認できたことから、首都圏・中部・関西エリアを中心に500台を導入することを決定した。

ヤマトグループは今後、カーボンニュートラル社会の実現に向け、引き続きEVを含む次世代モビリティの開発や、EV運用オペレーションの最適化に向けた各取り組みを進めるとともに、エネルギーマネジメントシステムの開発も積極的に進め、サステナブル経営を強化していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ