フォードモーターが赤字計上、EVメーカーの株価下落が影響 2022年上半期決算

業界 レスポンス

フォードモーター(Ford Motor)は7月27日、2022年上半期(1〜6月)の決算を発表した。赤字を計上している。

同社の発表によると、上半期の売上高は、747億ドル(約10兆1190億円)。前年同期の630億ドルに対して、18.5%増加した。一方、上半期の最終損益は、24億4300万ドル(約3310億円)の赤字。前年同期の38億2300万ドルの黒字から、赤字に転じた。

2022年第2四半期(4〜6月)では、6億6700万ドルの黒字を計上。第1四半期(1〜3月)に計上した31億1000万ドルの赤字が響いた形だ。この赤字は、米国の新興EVメーカーのリヴィアン・オートモーティブの株価の下落によるもので、同社の株式を多く保有するフォードモーターの決算に影響が出た。

フォードモーターの2021年通期(1〜12月)決算は、売上高が前年比7.2%増の1363億4100万ドル。純利益は179億3700万ドルで、前年の12億7900万ドルの赤字から、黒字回復を果たしている。

  • 森脇稔
  • リヴィアン R1T《photo by Rivian》
  • リヴィアン R1S《photo by Rivian》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ