ロボットが公道を自動走行して移動販売 実証実験

テクノロジー レスポンス

京セラコミュニケーションシステムは、温冷蔵機能を備えた無人自動走行ロボットが商品を輸送して公園やマンションなどを周回して移動販売するサービスの実証実験を、千葉市美浜区の幕張新都心地区で7月27日から開始したと発表した。

実証実験では、冷蔵機能を備えた無人自動走行ロボットが暑い時期に冷たいドリンクやゼリーなどを公園、マンション、高齢者向け住宅などで自動で移動して販売する。公道を走行する無人自動走行ロボットを活用した移動販売の実証実験は、国内で初の取り組みとなる。

同社では、無人自動走行ロボットを活用し、必要なモノやサービスを必要とする人の元へ届けることで、誰もが安心・快適に住み続けられるまちづくりを支援する一環で、無人自動走行ロボットの多様な用途での活用可能性調査と、技術を検証している。

2021年8月〜9月に北海道石狩市、2022年3月に千葉市美浜区の幕張新都心地区で、無人自動走行ロボットを活用した「配送サービス」の実証実験を実施した。今回、走行実績のある千葉市同エリアでロボットによる「移動販売サービス」を実証する。

  • レスポンス編集部
  • 無人自動走行ロボットによる移動販売のイメージ《写真提供 京セラコミュニケーションシステム》
  • 無人自動走行ロボットによる移動販売のイメージ《写真提供 京セラコミュニケーションシステム》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ