ラゲッジは“ガンダム”中は“クール”にカスタマイズしたマツダ アクセラスポーツ後編[インストール・レビュー]

テクノロジー レスポンス

レベルの高いカスタムインストールを施したラゲッジを前編でお伝えした森上さんのアクセラスポーツ。今回紹介するコクピット回りも広島県のWarpsが高音質かつデザイン性の高いインストールを実施した。その全貌を紹介していくことしよう。

◆ロックフォードのハイエンドスピーカーを設置

ホワイトのバッフルでスピーカーを引き立てる

前編で紹介したとおり、ラゲッジをユニコーンガンダムをイメージしたデザインでフルカスタムした森上さんのアクセラスポーツ。青/白をイメージカラーにしたデザインは唯一無二のデザインセンスを感じさせる仕上がりとなった。オーナーの森上さんはオーディオに対する思い入れが強く、インストールデザインと同時に高音質オーディオを作り上げることもテーマとなった。

そこでキーワードになるのはコクピット回りのユニット選び&取り付けだ。中でも最重要ユニットになっているのがフロントスピーカーに選んだロックフォードT5652-S。ロックフォードのハイエンド・スピーカーであり、その高音質は既に実証済みのモデル。

2ウェイシステムであるT5652-Sのミッドバスはドアにアウターバッフルでインストールされる。デザイン面で見どころとなるのはバッフル面に用いたホワイト処理。T5のミッドバスはダーク色の振動板とカッパーフェイズプラグを備えた落ち着いた上質デザインだが、そんなミッドバスをクローズアップさせるアウトラインとしてバッフル面にクリアなホワイトを効果的に使っているのが印象的。コクピットの中でもひときわ視線が集まるインストールとなった。

◆落ち着いたAピラーの加工処理でありつつ

ブランドロゴを配したプレートで変化を加える

高音質化のキーユニットとして導入したロックフォードのT5652-S。2ウェイセパレートの同ユニット、ミッドバスは先に紹介した通りドアにアウターバッフルで取り付けられる。対してツイーターはAピラーにビルトイン取り付けされている。定番のインストール方法だがピラーの付け根部分に近い場所を加工してツイーターをスマートにビルトイン取り付けする高品質な仕上がり。

ピラーには内装色に合わせたダークカラーの生地を張った処理でインテリアに違和感なく溶け込むデザイン。アイキャッチとしての効果を狙ったドアのアウターバッフルとは対照的に、Aピラーは純正の内装デザインにうまく融合させることを目的としている。

ただしAピラーの上部を見るとしっかりとカスタム処理を施しているのは製作ショップであるワープスならではのこだわり。ロックフォードのロゴを施したプレートをワンオフし、ピラー形状に沿わせる形でビルトインして適度のアイキャッチとして機能させている。落ち着いたカラーリングやロゴ処理でピラーのデザインにうまく融合させている落ち着いたフィニッシュでもあるのが見て取れる。

◆オーバーヘッドへの操作部の取り付けなど

コクピットのスペース効率を高める工夫も込めた

コクピットは居住性を重視してシート下やオーバーヘッドなどを有効活用したスペース効率に優れたインストールを実施しているのも特徴。使い勝手との両立で見どころとなったのがプロセッサーとして採用したグラウンドゼロのGZDSP-8XPROの操作部をオーバーヘッドにビルトイン取り付けした点。ユニットサイズにピッタリの位置を見つけてパネルをワンオフ。ラゲッジで使われていたイメージカラーのブルーを配色して操作部をスマートにビルトインした。

さらにパワーアンプとして採用したヴァイブオーディオのパワーボックスシリーズの2チャンネルモデルであるPOWERBOX60.2-V7はシート下にインストールされている。コンパクトサイズでアクセラスポーツのシート下に十分収まるユニットだ。さらにシート下にはオーディオテクニカのDACであるAT-HRD1を設置。こちらはスマホのUSB出力をアナログ変換してシステムに接続する役目を担っている。

ロックフォードの高級スピーカーの導入を実施して高音質なオーディオ環境を作り上げた森上さんのアクセラスポーツ。ラゲッジのカスタムインストールとコクピットの高音質化というオーディオの魅力を両面で享受するメリハリの利いたインストールを実施し、満足度満点のオーディオカーを完成させた。

土田康弘|ライター

デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。

  • 土田康弘
  • アクセラスポーツに対してデザイン性に加えて高音質なオーディオシステムをインストールした森下さん。満足度は最上級だ。
  • フロントスピーカーにはロックフォードのハイエンドモデルであるT5652-Sをチョイス。カッパーのフェイブプラグがキラリと輝く。
  • ホワイトのバッフルでデザイン性を高めたドアのアウターバッフル。形状も純正ドアに合わせたスマート勝つ存在感満点の作り込み。
  • T5のツイーターはAピラーを造形加工を施した上でインストールされる。カッパーのフェイズブラグが統一感を出している。
  • ダークグレーの生地を使ってピラーを張り替え処理。インテリアとのカラーコーディネートも万全の仕上がりだ。
  • ピラー上部にはこのようにアクセントになるドレスアップ要素も込める。ロックフォードのロゴをあしらったプレートが埋め込まれる。
  • オーバーヘッドのスペースを利用してグラウンドゼロのDSPをコントロールする操作部をビルトイン。視認性も操作性も良好。
  • シート下にはヴァイブオーディオのパワーアンプであるPOWERBOX60.2-V7をインストール。スペース効率も良い取り付け。
  • コクピットまわりはシンプルで使い勝手を考えたインストールとする。その中でT5のスピーカーがしっかり存在感を放っている。
  • 撮影当日は友人が代役出演。オーナー自慢のラゲッジインストールや高音質なシステムを紹介してもらった。
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ