VW乗用車ブランド、実質利益は54%増 2022年上半期決算

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)の主力ブランド、フォルクスワーゲン乗用車は7月28日、2022年上半期(1〜6月)の決算を発表した。上半期の売上高は332億ユーロ(約4兆5225億円)。前年同期の358億ユーロに対して、7.3%減と2年ぶりに減少した。

一方、上半期の特別項目を除く営業利益は、18億6000万ユーロ(約2535億円)。前年同期の12億0200万ユーロから、54.7%の増益を達成している。

54.7%の増益を達成したのは、とくに第2四半期(4〜6月)の業績が好調だったため。市場に最適なモデルラインナップ構成や価格政策が、利益を押し上げた。

フォルクスワーゲン乗用車ブランドのアレクサンダー・サイツCFO(最高財務責任者)は、「業績への貢献には、固定費と流通費を最適化するための継続的なコスト削減がある。今後もデジタル化と電動モビリティへの投資を重視していく」と述べている。

  • 森脇稔
  • VWゴルフ《photo by VW》
  • フォルクスワーゲン・ティグアン・オールスペース 改良新型《photo by VW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ