VWグループ世界販売、23%減の373万台 2022年上半期

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループは7月28日、2022年上半期(1〜6月)の世界新車販売の結果を発表した。アウディやポルシェ、セアト、シュコダなどを含めたグループ全体の総販売台数は、373万7819台。前年同期比は23.0%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。これは、半導体不足の影響を受けた結果だ。

上半期実績を市場別で見ると、単一国としては最大市場の中国が、146万9106台を販売した。前年同期比は20.4%減と、2年ぶりの前年割れ。中国を含めたアジア太平洋地域も、18.7%減の161万9115台と、2年ぶりに前年実績を下回った。

北米は、前年同期比26.0%減の36万4206台と、2年ぶりの前年実績割れ。このうち米国は26万2845台で、前年同期比は29.5%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。

また欧州は、前年同期比25.1%減の159万6834台と2年ぶりのマイナス。このうち西欧も、20.9%減の125万2172台と2年ぶりの前年割れ。ドイツ本国も46万7679台にとどまり、前年同期比は13.3%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。

フォルクスワーゲングループの2021年の世界新車販売台数は、888万2000台。前年比は4.5%減と、2年連続で前年実績を下回っている。

  • 森脇稔
  • アウディ A3 セダン 新型《photo by Audi》
  • ポルシェ・マカン 改良新型《photo by Porsche》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ