ジャガー・ランドローバー、赤字が縮小 2022年上半期決算

業界 レスポンス

ジャガー・ランドローバー(Jaguar Land Rover)は7月27日、2022年上半期(1〜6月)の決算を発表した。前年同期に対して、赤字が縮小している。

同社の発表によると、売上高は91億7300万ポンド(約1兆4840億円)。前年同期の115億0400万ポンドに対して、20.3%の減少となった。一方、2022年上半期の税引き前損失は、4億0300万ポンド(約652億円)。前年同期の10億6200万ポンドの税引き前損失に対して、赤字が縮小している。

ジャガー・ランドローバーの2022年上半期(1〜6月)の世界新車販売台数は15万7833台。前年同期比は36.4%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。全販売台数15万7833台のブランド別の内訳は、ジャガーが2万9781台で、前年同期比は43.4%減と後退した。ランドローバーは12万8052台。前年同期比は34.5%減と、2年ぶりに前年実績を下回った。

車種別の販売実績では、ジャガーブランドは、ミドルクラスの『F-PACE』やコンパクトクラスの『E-PACE』、EVの『I-PACE』とSUVが販売の中心だった。ランドローバーブランドでは、新型3車種に対する需要が好調だった。新型レンジローバーは6万2000台以上、新型『レンジローバースポーツ』は2万台以上、新型『ディフェンダー』は4万6000台以上の受注を獲得しているという。

  • 森脇稔
  • ジャガー E-PACE《photo by Jaguar》
  • ジャガー I-PACE《photo by Jaguar》
  • ランドローバー・レンジローバー 新型《photo by Land Rover》
  • ランドローバー・レンジローバースポーツ 新型《photo by Land Rover》
  • ランドローバー・ディフェンダー 新型《photo by Land Rover》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ