国交省、日野のエンジン不正に関する報告に「極めて遺憾」

社会 レスポンス

国土交通省は8月2日、日野自動車から排出ガス・燃費性能試験での不正に関して調査結果の報告を受けたと発表した。

報告では3月4日に国土交通省に対して報告した案件以外にも、過去に生産していたものを含め、トラック・バス用エンジン、建設機械向けのエンジンの型式指定申請時、不正行為があったとしている。また、追加で発覚した一部は排出ガス基準や燃費のカタログ値を満たしていないとしている。

国土交通省では「型式指定申請での不正はユーザーの信頼を損ない、自動車認証制度の根幹を揺るがす行為で、今回更なる不正行為が明らかになったことは極めて遺憾」としている。今後、道路運送車両法の下で、日野自動車に対して更なる調査を実施し、その結果に基づいて厳正に対処するとしている。

また、日野の不正があったエンジンを搭載した建設機械を製造・販売した建設機械メーカーに対しては、オフロード法(特定特殊自動車排出ガスの規制等に関する法律)の趣旨に沿ってユーザーに対して丁寧に対応するように指導した。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ