ハーレー・ダビッドソン世界販売はマイナス、日本は44%増 2022年上半期

モーターサイクル レスポンス

ハーレー・ダビッドソン(Harley-Davidson)は7月28日、2022年上半期(1〜6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は9万5604台。前年同期比は12.7%減だった。

ハーレー・ダビッドソンにとって、世界最大の市場は引き続き米国だ。ただし、上半期は6万1228台にとどまった。前年同期比は19.2%減と落ち込む。

米国に続いたのは、欧州および中東アフリカだ。上半期は1万5041台を販売し、前年同期比は1%のマイナスだった。また、南米は、前年同期比1.8%増の1600台と堅調。カナダは、4962台にとどまり、前年同期比は5.4%減と落ち込んでいる。

アジア太平洋は上半期、1万2773台を売り上げた。前年同期比は8.4%増と好調だった。このうち、日本は輸入二輪車首位を維持する5489台を登録した。前年同期比は43.9%増と伸びている。

  • 森脇稔
  • ハーレー・ダビッドソンの二輪車《photo by Harley-Davidson》
  • ハーレー・ダビッドソンの二輪車《photo by Harley-Davidson》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ