BMWやアウディの苦戦長期化、輸入車販売は11か月連続マイナス 7月実績

業界 レスポンス

日本自動車輸入組合は8月4日、2022年7月の輸入車新規登録台数(外国メーカー車)を発表。前年同月比24.6%減の1万5815台で11か月連続のマイナスとなった。

ブランド別では、1位メルセデスベンツが同21.0%減の3326台で3か月連続のマイナスとなった。2位BMWは同7.8%減の2285台で13か月連続のマイナス、3位フォルクスワーゲンは同26.9%減の2231台で3か月連続マイナス、4位アウディは同29.0%減の1402台で12か月連続マイナス。上位ブランドの不振が続いている。

◆2022年7月 輸入車販売台数ランキング

1位[1位]:メルセデスベンツ 3326台(21.0%減・3か月連続減)

2位[2位]:BMW 2285台(7.8%減・13か月連続減)

3位[3位]:フォルクスワーゲン 2231台(26.9%減・3か月連続減)

4位[4位]:アウディ 1402台(29.0%減・12か月連続減)

5位[6位]:MINI 1046台(31.2%減・5か月ぶり減)

6位[7位]:ジープ 1033台(4.4%増・11か月ぶり増)

7位[9位]:ルノー 870台(9.6%増・2か月連続増)

8位[5位]:ボルボ 821台(32.8%減・3か月連続減)

9位[8位]:プジョー 705台(37.8%減・7か月連続減)

10位[11位]:ポルシェ 312台(31.3%減・3か月ぶり減)

※[]内は前月順位、()内は前年同月比。

なお、日本メーカー車は同27.7%減の4876台、これを合わせた輸入車合計では同25.3%減の2万0691台。ともに11か月連続のマイナスとなった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • アウディ Q5スポーツバック《写真提供 アウディジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ