トヨタ、販売台数減少や資材高騰で営業益42.0%減 2022年4-6月期決算

業界 レスポンス

トヨタ自動車は8月4日、2022年4〜6月期(第1四半期)の連結決算を発表。半導体不足などによる販売台数減少や資材高騰により、営業利益は42.0%の大幅減少となった。

2022年4〜6月期における日本、海外を合わせた連結販売台数(トヨタ車のみ)は、前年同期比6.3%減の201万3000台。日本での販売台数は同19.4%減の40万3000台。海外も北米や欧州、アジアといった主要市場で販売台数が減少し、同2.3%減の161万台となった。

これらの結果、営業収益は同7.0%増の8兆4911億円、営業利益は同42.0%減の5786億円、税引前利益は同18.2%減の1兆0217億円、純利益は同17.9%減の7368億円となった。円安によるプラスの効果があったものの、供給制約による販売台数の減少や資材高騰の影響が大きく、減益となった。

営業利益のプラス要因は、為替変動の影響が1950億円。マイナス要因は資材高騰が3150億円、販売面での影響が1150億円、諸経費の増減・低減努力が1250億円など。

通期業績見通しについては、販売台数は期首公表値の885万台を据え置き。営業収益は34兆5000億円(期首見通し比+1兆5000億円)、税引前利益は3兆2700億円(同+1400億円)、純利益は2兆3600億円(同+1000億円)に上方修正。営業利益は2兆4000億円を据え置いた。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ