7月の国内新車販売、日産の軽EV『サクラ』がベスト30入り[新聞ウォッチ]

業界 レスポンス

7月の国内新車販売で最も売れた車は、トヨタ自動車の小型車『ヤリス』で、2か月ぶりに首位の座を奪回したという。

日本自動車販売協会連合会(自販連)と全国軽自動車協会連合会(全軽自協)が発表したもので、きょうの毎日が「低燃費や小回りの良さが評価され、高い人気が続いている」などと取り上げている。ただ、ヤリスの台数は前年同月比19.5%減の1万8679台と伸び悩んでいる。

2位はホンダの軽自動車『N-BOX』で同0.7%増の1万7105台。6月は首位だったものの、1500台余りの差でヤリスに逆転を許した。3位はトヨタ『カローラ』で同41.2%増の1万3054台だが、トヨタはベスト10にランクインしたのはこの2車種のみ。ホンダも、2位のN-BOXのほか、10位に小型車『フィット』の2車種。

4位はダイハツ『ムーヴ』、5位がスズキ『スペーシア』と軽自動車が続くが、6位には日産自動車のeパワー搭載の小型車『ノート』で、前年同月に比べて25.7%増の8371台で、4位のムーヴとの差はわずか302台と健闘した。

その日産は、6月に発売した初の軽電気自動車(EV)『サクラ』は3319台を販売し、軽部門で13位、登録車を含めた総合ランキングでは26位とベスト30内に食い込み、同じ日産のEV『リーフ』(1546台)を超えて、EVとしては1位に躍り出た。

EV購入時の手厚い補助金が10月にも打ち切られるとの報道も伝えられているなかで、同じく受注が好調とされる三菱自動車の軽EV『eKクロスEV』とともに、8月以降の新車販売ランキングが興味深い。

2022年8月5日付

●東京都心に「空飛ぶクルマ」24年度実証実験へ(読売・10面)

●小田急、西武運賃10円上げ、ホームドア、エレベーター整備、来年3月(読売・10面)

●日野不正納入先に影響、いすゞなど車や建機出荷停止(読売・11面)

●最高益一転トヨタ減益、原材料高騰や減産で純利益17.9%減、4〜9月期、系列も減益・赤字相次ぐ(朝日・8面)

●レンタカー満車沖縄に悲鳴、コロナ禍の減車響く(朝日・8面)

●2か月ぶりにヤリスが首位、7月新車販売(毎日・7面)

●データ安全管理巡りトヨタ中国合弁検査、当局(産経・10面)

●理想の出社「週3日以下」7割、野村総研調査(東京・7面)

●マツダ、CX-30など値上げ(日経・13面)

  • 福田俊之
  • トヨタ・ヤリス《写真撮影 小林岳夫》
  • ホンダN-BOX《写真提供 ホンダ》
  • トヨタGRカローラ《写真撮影 宮崎壮人》
  • 三菱eKクロスEV《写真撮影 雪岡直樹》
  • マツダCX-30《写真提供 マツダ》
  • 西武鉄道40000系《写真提供 西武鉄道》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ