アソモビ2022で発見! 車体より大きなルーフトップテントは寝心地最高

新車 レスポンス

2022年8月6〜7日に幕張メッセで開催されている、遊び心あるクルマやアソビギアを提案する日本最大のイベント『アソモビ2022 in Makuhari』。iKAMPER JAPANのブースに、車体より大きなルーフトップテントが設置されている軽トラックを発見。

担当者に詳細について聞いたところ、このルーフトップテントは『X-COVER2.0』というモデルで、軽自動車にも合うように設計されているとのこと。ソフトシェルならではの使いやすさでありながら、耐荷重は約400kgと高い強度性が特徴で、大人2人、子供2人の4人が寝られるスペースが確保されている。閉じた本を開くような形でセットアップ出来るようになっており、テントカバーは不要のため、3分でセットアップも片付けも行える手軽さもポイントのひとつ。今回の展示車は軽トラックにSPIELER製の特注のフレームを荷台に設置し、その上にX-COVER2.0をマウントしている。価格は49万5000円(税込み)。

iKAMPERは韓国の会社だが、おもな市場はアメリカとのことで、ジープやランドクルーザーのような大型のSUV向けのルーフトップテントのシェアが多い。だが日本市場では本製品のような軽自動車にも合う、小型のモデルもシェアを伸ばしているとのこと。ルーフがしっかりとした軽自動車なら、どんな車種にも取り付けられるとのことで、スズキ アルトにも取り付けられたとのこと。担当者は、X-COVER2.0を搭載したモデルで淡路島にひとり旅に出かけたところ、睡眠時は広くて快適過ぎだったとアピールした。

  • 関口敬文
  • 車体後方から見るとテント部分が横に出っ張っている。《写真撮影 関口敬文》
  • 車体の幅と同じ分ほどはみ出ていることがわかる。《写真撮影 関口敬文》
  • はみ出ている部分は、テントをたたんだときにルーフ部分になる。《写真撮影 関口敬文》
  • 奥行きは227cmあるため、大人でも十分脚を伸ばして寝られる。《写真撮影 関口敬文》
  • 天井部分は天窓にもできる。《写真撮影 関口敬文》
  • 展示車は軽トラにフレームを設置し、その上に展開していた。《写真撮影 関口敬文》
  • セットアップも3分でできるという気軽さ。《写真撮影 関口敬文》
  • iKAMPER JAPAN(アソモビ2022)《写真撮影 関口敬文》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ