ブリヂストン、二輪用タイヤもプレミアム戦略強化

モーターサイクル レスポンス

ブリヂストンは8月8日、二輪用タイヤのプレミアム戦略強化に向け、那須工場へ総額17億円の設備投資をすると発表した。

2026年より順次、那須工場の設備を拡充し、高性能二輪向けタイヤの生産能力を年間約9万本増強する予定だ。

ブリヂストングループは、二輪用プレミアムブランド「BATTLAX」のタイヤで高性能モーターサイクルを支えてきた。またモータースポーツ活動では、2002年から2015年のMotoGP参戦を通じて技術を磨き、現在も世界耐久選手権などを支えている。8月4日から7日に開催された鈴鹿8時間耐久ロードレースでは19チームをBATTLAXでサポート。ブリヂストンタイヤ装着チームの15連覇達成に貢献した。こうした活動を通じてタイヤの限界性能を向上する技術を追求し、プレミアム領域における新車装着率はグローバル No.1のポジションを獲得している。

ブリヂストンは今後、さらにプレミアムレース・タイヤ領域にフォーカスし強化していくため、グローバルでグループ唯一の二輪用タイヤ生産拠点である那須工場にて、モータースポーツで培った技術を投入し、生産能力の増強を実行する。

ブリヂストンは、これまでにも下関工場における鉱山・建設車両用タイヤの生産設備刷新や、栃木、彦根、防府、鳥栖の4工場における乗用車用プレミアム商品の生産能力増強を発表。二輪用タイヤでも今回の増強を決定し、プレミアムビジネス戦略をさらに拡大していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ブリヂストン 那須工場《写真提供 ブリヂストン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ