マレリの経営再建計画が正式発効、簡易再生手続き完了

業界 レスポンス

マレリホールディングスは8月9日、増資や金融機関による債権放棄などの再生計画を東京地方裁判所が正式に認可し、法的に発効したと発表した。

再生計画で、財務体質を改善するため、マレリの親会社である投資ファンドのKKRによる追加出資は、計画の発効を受けてすぐに実行される予定。また、取引先金融機関も計画に沿って債権放棄を実行する予定。これによってマレリは発展と成長に必要な財政的安定性を得ることができるとしている。

マレリは経営不振となったことから事業再生ADRでの経営再建を目指していたものの、すべての債権者からの同意を得ることができなかったことから簡易再生手続きに移行していた。今回、再生計画が正式に発効し、マレリの資本再編と簡易再生手続きが正式に完了することになった。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ