ウォッシャー液が出るワイパー、ジープに設定

テクノロジー レスポンス

ジープ(Jeep)は8月9日、米国向けの『ラングラー』と『グラディエーター』に、純正オプションの「ジープ・パフォーマンス・パーツ(JPP)」から、高性能ワイパーブレードを設定すると発表した。

通常、ウォッシャー液は、フロントのボンネットのノズルから噴射される。しかし、ジープ・パフォーマンス・パーツの場合、ワイパーブレードからウォッシャー液が噴射される。

ワイパーブレードの表面には、レーザーカットによる12個の穴があり、そこからウォッシャー液が放出される。ワイパーに連動して作動し、素早くガラスの汚れを除去できるという。また、効率的なガラス洗浄システムとして機能し、ウォッシャー液の使用量が減少する、としている。

  • 森脇稔
  • 「ジープ・パフォーマンス・パーツ(JPP)」の高性能ワイパーブレード《photo by Jeep》
  • ジープ・ラングラー(米国仕様)《photo by Jeep》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ