メルセデスベンツ CLAに純正然で高音質なシステムを構築 後編[インストール・レビュー]

新車 レスポンス

奥さまの愛車であるメルセデスCLAをベースに、超ハイエンドなスピーカーユニットを千葉県のサウンドクオリティーでインストールして最上級のサウンドを目指した中尾さん。上質なコクピットデザインは純正を崩したくないオーナーのリクエストが反映された。

◆純正の内装デザインを崩すことなく

ハイエンドユニットを高品質取り付け

奥さまの愛車であるメルセデスCLAで高音質なオーディオを楽しんでいる中尾さん夫妻。デザイン性豊かなラゲッジルームは前編でお伝えした通りだ。一方のコクピット回りはかなり落ち着いたインストールが施されている。こちらのテーマは「純正の形を崩さない」ことだった。ドアはアウターバッフル、Aピラーにはツイーターをビルトイン取り付けしているものの、いずれも純正デザインに見事に融合するデザインとした点はオーナーの望み通りだった。

スピーカーシステムとして選んだのは前編でも紹介したフォーカルの超ハイエンドモデルであるユートピアBeウルティマ。フロント2ウェイ構成のシステムを上質にインストールすることで最良のサウンドを引き出している。

落ち着いたデザインのキーワードになるひとつのポイントはAピラーへのツイーターのビルトイン取り付けだろう。大型のグリルを備えたツイーターを違和感なくビルトインするため、ピラーの造形を滑らかに加工しているのが見て取れる。ダークカラーの生地を使った張り替え処理も美しく、常にドライバーの視界に入るピラー回りは特に純正然とした仕上がりにこだわっている。

◆ドアはアウターバッフル化されるものの

純正デザインを踏襲する落ち着きの加工を実施

純正のイメージを崩さないインストールはドアにも踏襲される。ユートピアBeウルティマのミッドバスはアウターバッフルで取り付けられるのだが、ドア回りはどこまでが加工でどこまでが純正なのかが分からないほどの高品質な作り込みが施されている。具体的にはスピーカー後方にあった純正のドアポケットを排してドア下部を一体化。ドア内張りのラインに合わせて、元々無かったプレスラインを加えるなど、かなり手の込んだデザイン処理になっているのが見て取れる。さらには操作ボタンを移設することで操作性も純正レベルをキープしている。純正状態を知っているCLAオーナーならばそのクオリティの高さが理解できるだろう。

スピーカーまわりのバッフル処理には控え目ながらしっかりアピールも込められた。ピアノブラックで処理されたバッフルはウルティマのミッドバスの振動板とのコントラストを強くしユニットを引き立てる役目を負っている。ユニットのポテンシャルを引き出すサウンド面、さらにはドアパネルにデザイン性を込めるインストール面の両面でこだわり抜いたドアバッフルとなっている。

◆ミラーメディアに加えてDAP再生まで

シーンに合わせた多彩な音源の再生環境を整備

フロントスピーカーにはフォーカルのユートピアBeウルティマを採用しているこのクルマ、一方でオーディオプレイヤーからプロセッサー、パワーアンプまでの上流のシステムはフル・ビーウィズで統一している。プレイヤーとしては同社のハイエンドモデルとして定評のあるミラーメディアのMM1-DKをチョイス。同社のプロセッサーとの組み合わせで最良のサウンドを引き出すシステムとした。

さらに音声信号の入力には普段使いを考慮してオーディオテクニカのDACを装備。USB入力やデジタルインプットを備える。ここ一番の高音質を狙うミラーメディアに加えて手持ちのDAPを手軽に接続して再生する環境も並行して整えている。

夫婦で音楽を楽しみオーディオを楽しんでいる中尾さん。クルマの趣味も共通で、二人で相談しつつシステムアップやカスタムを進めているという。これからも夫婦で意見を出し合って、ますます楽しいオーディオライフを過ごしていくことになりそうだ。

土田康弘|ライター

デジタル音声に関わるエンジニアを経験した後に出版社の編集者に転職。バイク雑誌や4WD雑誌の編集部で勤務。独立後はカーオーディオ、クルマ、腕時計、モノ系、インテリア、アウトドア関連などのライティングを手がけ、カーオーディオ雑誌の編集長も請負。現在もカーオーディオをはじめとしたライティング中心に活動中。

  • 土田康弘
  • 奥さまの愛車であるメルセデスCLAをベースに、超ハイエンドユニットであるユートピアBeウルティマをインストールした。
  • ウルティマのツイーターはAピラーにビルトイン取り付け。やや大型のグリルを思わせないようなスマートな加工は絶品。
  • 角度付けやロケーションなど、サウンド面には一切の妥協がない。同時にデザイン性も優れているのがこのクルマの魅力。
  • ドアはウルティマのミッドバスをアウターバッフルで取り付ける。あくまでも純正の形状を崩さないのがオーナーの望み。
  • 超ハイエンドスピーカーであるユートピアBeウルティマをセレクト。サブウーファーとの中低音のつながりもテーマのひとつ。
  • アウターバッフルのワンオフに合わせてドアパネルの下部は大きく加工されている。しかし純正ラインを崩さない精度の高さが光る。
  • ピアノブラックでフィニッシュされたバッフル。主役であるスピーカーを際立たせるコンビネーションも見どころだ。
  • メインで用いる音楽プレイヤーにはビーウィズのミラーメディアであるMM-1DKをチョイス。高音質と使い勝手を評価している。
  • クルマもオーディオも夫婦で楽しんでいる中尾さん夫妻。クルマも音楽も趣味が合うのでカーライフの楽しさも倍増している。
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ