燃料電池フォークリフト第2世代が登場! 物流展で公開予定

エコカー レスポンス

豊田自動織機は、9月13日から16日に東京ビッグサイトで開催される「国際物流総合展2022」に出展すると発表した。

今回、「現場の数だけ、最適解はある。その物流に、ジャストソリューション。」をコンセプトに、物流現場の課題となっている「安全」・「脱炭素」・「自動化」の3つをテーマに掲げ、製品を展示する。

トヨタの燃料電池車(FCV)『MIRAI』のFCセルを利用した第2世代燃料電池フォークリフトを初公開する。最新のフォークリフトや、先進的オートメーション技術を導入した物流ソリューションを紹介する。

また、展示ブース内では3D-Lidar(ライダー)を用いたガイドレス自動走行や、画像認識によるパレット位置・姿勢検出で停車位置や積荷が一定でないトラックへの荷役を実現する開発中の自動運転フォークリフトを実演する。

  • レスポンス編集部
  • 豊田自動織機トヨタL&F:後方作業者検知運転支援システム「SEnS+」《画像提供 豊田自動織機》
  • 豊田自動織機トヨタL&F:クラウド型遠隔管理システム「ドラレコ Connect」《画像提供 豊田自動織機》
  • 豊田自動織機トヨタL&F:電動フォークリフト/けん引車用リチウムイオンバッテリー「ENELORE」
  • 豊田自動織機トヨタL&F:トラック荷役対応自動運転フォークリフト(開発中)
  • 豊田自動織機トヨタL&F:レーザーリフレクタ式AGF
  • 豊田自動織機ブースのイメージ《画像提供 豊田自動織機》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ