[外部パワーアンプ・ワールド]敢えて使われるのはなぜ?

テクノロジー レスポンス

カーオーディオシステムの音質をワンランク上げたいと思ったとき、「外部パワーアンプ」が頼りになる。今回からスタートする当特集では、そうである理由からチョイスのコツ、さらには使用法まで「外部パワーアンプ」のすべてを解説していく。

◆「外部パワーアンプ」は、メインユニットの「内蔵パワーアンプ」とは別モノ!?

今回は「外部パワーアンプ」を使う醍醐味について説明していく。

まずは「パワーアンプ」の役割をおさらいしておきたい。「パワーアンプ」は、電気信号を増幅しその増幅した電気信号をスピーカーへと伝送する装置だ。そして、オーディオシステムには「パワーアンプ」が絶対的に必要だ。なぜなら、空気を震わせて音を伝えるスピーカーを動かすにはある程度大きな電力が必要だからだ。

なお、カーオーディオ用のメインユニットにはなんらか「パワーアンプ」が内蔵されている。ちなみにいうとかつては「パワーアンプ」が内蔵されていない、つまり「外部パワーアンプ」の使用が前提となるメインユニットも存在していたが、今はそのようなモデルはなくなった。その意味では、「外部パワーアンプ」が必要となるシーンは減っている。

しかし、カーオーディオ愛好家の中での使用率は高いままだ。カーオーディオを趣味とする人たちにとって「外部パワーアンプ」は今も、マストアイテムであり続けている。そうである理由は至ってシンプルだ。メインユニットに内蔵されている「パワーアンプ」と「外部パワーアンプ」とでは、大きな性能差があるからだ。

◆「内蔵パワーアンプ」には“物量”を投じられない…。

性能差が開く理由は2つある。1つは「かけられているコストが違いすぎるから」で、もう1つは「大きさが違いすぎるから」だ。

これらがどういうことなのかを説明していこう。「パワーアンプ」は案外ローテクな工業製品だ。ハイテク技術も注入されてはいるものの、音楽信号を増幅する基本的な仕組みはかなり以前に発明された形から大きく変わってはいない。で、このようなローテクな工業製品では、“物量”が性能に直結しやすい。質の高いそして大きな(パワーのある)部品や部材を注ぎ込むほどに、性能がどんどん上がっていくのだ。

しかしながらメインユニットは価格競争を勝ち抜く必要があり、しかも内部にさまざまなメカを入れ込まなくてはならないので、「パワーアンプ」に注げるコストは限定的にならざるを得ない。またメインユニットは1DIN、もしくは2DINというサイズで仕上げなければならず、「パワーアンプ」に割けるスペースはごくごく少ない。

というわけでメインユニットの「内蔵パワーアンプ」は、“物量”を投じられる限界値がかなり低い。

◆「外部パワーアンプ」を使うと音の質感が上がり表現力も向上!

対して「外部パワーアンプ」には、音楽信号を増幅するという働きに対してのみコストとスペースを割けるので、それほど高級機でなくてもメインユニットの「内蔵パワーアンプ」とは能力差が相応に開く。

さて、音的にはどのような違いとなって現れるのかというと…。

まずは、音に余裕が出る。例えば、排気量の大きなエンジンは高速巡航中でも加速が効く。「パワーアンプ」も出力が大きくなると、大きな音で聴いているときでも音の大小をしっかりと描き分けられる。抑揚の表現も余裕を持って行える。

そして、音に厚みが出て充実感がみなぎる。きめ細やかになり繊細さが増し、1音1音には芯が入り密度感が増す。

さらには静寂感が上がる。不必要な音(ノイズ)が減るので無音のときの静けさが高まり、演奏が始まると各楽器の音がしっかり分離する。音の輪郭がシャープになり粒立ちも良くなる。そしてサウンドステージの見通しが良化し、ヌケも良くなる。

このように「外部パワーアンプ」を使うと、良いことずくめだ。機種によって程度の違いはあるが、そこそこのモデルを選べば歴然と音が変わる。「外部パワーアンプ」の魅力に触れると、もう「内蔵パワーアンプ」の音には戻れなくなる…。

今回は以上だ。次回以降も「外部パワーアンプ」の魅力から使い方までさまざまな情報をお届けしていく。お楽しみに。

  • 太田祥三
  • 「外部パワーアンプ」を搭載したオーディオカーの一例(製作ショップ:イングラフ<青森県>)。Photo by 太田祥三
  • 「外部パワーアンプ」を搭載したオーディオカーの一例(製作ショップ:イングラフ<青森県>)。Photo by 太田祥三
  • 「外部パワーアンプ」を搭載したオーディオカーの一例(製作ショップ:イングラフ<青森県>)。Photo by 太田祥三
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ