メルセデスベンツの新型電動SUVに「MBUX ハイパースクリーン」設定

新車 レスポンス

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は8月16日、新型EV『EQE SUV』を10月16日、ワールドプレミアすると発表した。インテリアの写真を先行公開している。

◆ミドルクラスSUVの『GLE』に相当するEV

メルセデスベンツはすでに新型EVの『EQE』を欧州で発表している。EQEは『Eクラスセダン』に相当するEVだ。これに対して、EQE SUVは、ミドルクラスSUVの『GLE』に相当するEVになる。

メルセデスベンツは、新しい電動アーキテクチャーに基づく新型EVのラインナップを、拡大していく。メルセデスベンツの新しい電動アーキテクチャーは、モジュラー設計となっており、モデルシリーズ全体で使用できるのが特長だ。

ラグジュアリーカーおよびエグゼクティブカーセグメントはもちろん、ホイールベースやトレッド、システムコンポーネント、バッテリー容量を変えることにより、小型サルーンから大型SUVまで、メルセデスベンツの幅広いクラスにEVを展開することが可能になるという。

◆5名乗りの同クラスのSUVとしては最も広い室内空間

メルセデスベンツは、このEQE SUVのインテリアを先行公開した。室内のヘッドルームとレッグルーム、エルボールームは、5名乗りのこのクラスのSUVとしては、最も広い空間を備えている、と自負する。

空調ダクトは、最近のメルセデスベンツ車に見られるタービンデザインだ。センターコンソールの前部は、インストルメントパネルにつながっており、フローティングデザインとした。コックピットの空調ダクトは、視覚的にフロントドアに続いて見えるようにした。フローティングコントロールクラスターには、ドアオープナーとシートコントロール機能が組み込まれている。

インテリアは、5種類の色でコーディネートでき、ワイドな空間を強調する。 EQE SUVの内装は、温かみのあるトーンとクールなトーンを組み合わせる。例えば、温かみのあるバラオブラウンは、ネバグレーやビスケーブルー/ブラックと組み合わせることができる。

トリムパネルには、2種類の素材をあしらった。例えば、温かみのあるウッドにクールなアルミを組み合わせることが可能。また、アンスラサイトの3Dレリーフ調仕上げのトリムには、金属顔料を使用した。メルセデスベンツのパターンでバックライトを当てたレーザーカットのトリムも選択できる。

◆「MBUXハイパースクリーン」はダッシュボード全体がディスプレイに

また、オプションで、「MBUXハイパースクリーン」を設定する。インストルメントパネル全体がワイドスクリーンとなっており、高解像度ディスプレイが、1つのガラスカバーの下でつながっているように見えるという。

「MBUX」の最新バージョンを搭載するMBUXハイパースクリーンは、人工知能(AI)を利用して、インフォテインメント、快適性、車両機能の操作と表示を、新しいレベルに引き上げているのが特長だ。インストルメントクラスター、インフォテインメント、パッセンジャーディスプレイを一体設計した結果、大きく湾曲したスクリーンユニットが、ダッシュボードの横幅いっぱいに配置される。これにより、直感的で簡単かつ、感情的なデジタル体験を可能にするという。

MBUXハイパースクリーンは、デジタルとアナログデザインの融合の一例という。独自の湾曲したスクリーンは、複数のディスプレイがシームレスに融合しているように見える。エアダクトは、この大型デジタルディスプレイと一体設計されている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツ EQE SUV《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスベンツ EQE SUV《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスベンツ EQE SUV のプロトタイプ《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスベンツ EQE SUV《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスベンツ EQE SUV《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスベンツ EQE SUV《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスベンツ EQE SUV《photo by Mercedes-Benz》
  • メルセデスベンツ EQE SUV《photo by Mercedes-Benz》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ