マクラーレン、仮想スポーツを実車化…840馬力のサーキット専用車『ソーラスGT』

新車 レスポンス

マクラーレンオートモーティブは8月19日、「モントレー・カー・ウィーク2022」に合わせて、マクラーレン『ソーラスGT』(McLaren Solus GT)を発表した。

同車は、ゲームソフト「グランツーリスモSPORT」に収録されているバーチャルコンセプトカーを実車化したもの。サーキット専用モデルとして、25台が限定生産される予定だ。25台はすべて売約済みという。

ソーラスGTは、ジェット戦闘機を思わせるスライド式キャノピーに、シングルシートを中央に配したコクピットを採用する。ドライビングシートはオーナーの体型に合わせて型取りし、FIA認可のレーシングスーツ、ヘルメット、HANS(ヘッド・アンド・ネック・サポート)を、各オーナーに合わせて特注する。

5.2リットルのV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンは、最大出力840ps、最大トルク66.3kgm。1万rpmを超えて回る高回転志向のエンジンだ。専用設計の7速シーケンシャルギアボックスを組み合わせる。車重は1000kg以下で、発生ダウンフォースは1200kg以上。0〜100km/h加速の目標タイムは2.5秒、最高速は320km/h以上、としている。

  • 森脇稔
  • マクラーレン Solus GT《photo by McLaren Automotive》
  • マクラーレン Solus GT《photo by McLaren Automotive》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ