トヨタ シエンタ 新型に車いす仕様車、ショートスロープ付きモデルを新設定

新車 レスポンス

トヨタ自動車は『シエンタ』新型を8月23日より発売すると発表。車いす仕様車など、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)のラインアップを公開した。

ウェルキャブはラインアップのさらなる充実に加え、要望の高いハイブリッドモデル含め設定グレードを拡大。車いす仕様車は、超高齢社会で在宅介護が推進される中、車いすの乗車から固定までの一連の動作がシンプルな機構とし、操作性を大幅に向上。また、ショートスロープ等の新機能を備えた「タイプIII」を新たに設定。福祉タクシーやデイサービス送迎現場の困りごとを改善し、外出機会の増加に貢献する。

「車いす仕様車タイプI(助手席側セカンドシート付/助手席側セカンドシート無)」は、従来型から好評の後輪エアサスペンションによるなだらかなスロープ(スロープ角度9.5°)や前倒れ機能付き手動スロープを装備。介助者が車いす利用者のすぐ隣に乗車できるシートレイアウトとし、車いす利用者も安心して移動できる。価格は207万2000円から296万7000円。

「車いす仕様車タイプII(助手席側セカンドシート無)」は、主に車いすを利用する子ども向けとして設定する。ウェルキャブ専用の助手席シートを折りたためば運転席から手が届く1.5列目に車いすのまま乗車可能。ストレッチャーでの乗車もできる。価格は230万円から261万6000円。

「車いす仕様車タイプIII(ショートスロープ・助手席側セカンドシート付/ショートスロープ・助手席側セカンドシート無)」は、主に法人向けとして新設定。バックドアを開けると、車高降下と同時にショートスロープを展開し、狭いスペースでの乗降を可能としている。操作もシンプルなため乗降時間が短縮され、暖気・冷気の流出も最小限に抑制する。価格は202万2000円から246万9000円。

「フレンドマチック取付用専用車」は、車いす利用者自身が運転するための仕様として、発進・低速時のステアリング操作力をベース車に比べ約1/2に軽減。顧客ニーズに合わせ運転補助装置の後付けに対応する。価格は232万2000円から289万2000円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • トヨタ・シエンタ車いす仕様車“タイプII(助手席側セカンドシート無)”。ベースグレード:G・ガソリン・2WD、スカーレットメタリック、オプション装着車《写真提供 トヨタ自動車》
  • トヨタ シエンタ車いす仕様車“タイプIII(ショートスロープ・助手席側セカンドシート付)”。ベースグレード X・ガソリン・2WD、スーパーホワイトII《写真提供 トヨタ自動車》
  • トヨタ・シエンタ・フレンドマチック取付用専用車。ベースグレード:G・ガソリン・2WD、スカーレットメタリック、オプション装着車《写真提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ