スバル アウトバック、衝突エネルギー8割増の側突試験で最高評価

テクノロジー レスポンス

SUBARU(スバル)は、2022年モデルの『アウトバック』(米国仕様車)が、米国IIHS(道路安全保険協会)が行った新側面衝突試験にて、試験車両(中型サイズ7車種)で唯一の最高評価「Good」を獲得したと発表した。

IIHSは、死亡事故の一因となっている高い速度の衝突に対応するため、より厳しい新側面衝突試験を導入した。従来の試験と同様に交差点での出会い頭の衝突を再現しているが、衝突する台車の重量を従来の1500kgから1900kgへ、衝突速度を50km/hから60km/hへアップ。衝突時に発生するエネルギーが82%増加している。さらに、新しい台車の衝突面を最新のSUVやピックアップトラックと衝突した状況と類似するよう変更した。

新試験でも最高評価「Good」を獲得するには、乗員スペースの形状を衝突時も保持することが求められる。また、運転席と運転席の後席に設置されたSID-IIs人体ダミー(小柄な女性あるいは12歳の子どもを模した側面衝突用ダミー)による計測値で、重傷の危険性が高くないことを示すことが必要。それに加え、サイドエアバッグやシートベルトは、乗員スペースにおける衝撃から人体ダミー全体(頭部から腰部)を守ることが求められる。

アウトバックは、今回の新試験における最高評価の獲得の他、2022 トップセイフティピックプラス(TSP+)の全ての評価基準にて最高評価を獲得している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スバル・アウトバック米2022年型《photo by Subaru》
  • スバル・アウトバック米2022年型《photo by Subaru》
  • スバル・アウトバック米2022年型《photo by Subaru》
  • スバル・アウトバック米2022年型《photo by Subaru》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ