ADAS 自動運転システム搭載車両数、2030年に倍増と予測---最多はレベル2

テクノロジー レスポンス

矢野経済研究所は8月24日、ADAS(先進運転支援システム)/自動運転システムの世界市場を調査し、2030年までの新車におけるADAS/自動運転システムの搭載台数を予測を発表した。

世界の新車市場でADAS/自動運転システムの搭載台数は2021年が4097万6019台だったが、2030年には7915万3000台と約2倍に増えると予測する。世界新車販売台数における搭載率は76.9%に達すると予測する。

2030年の自動運転技術のレベルの内訳ではレベル1(運転支援)が1202万3000台、レベル2(運転支援)が3675万2500台、レベル2+(運転支援)が2339万9000台、レベル3(条件付自動運転)が625万2500台、レベル4(高度自動運転)が72万6000台を予測する。

2025年に向けて日米欧中ではADASの標準搭載が進み、2023年にレベル1は2800万台でピークアウトし、2024年にレベル2が3000万台を超えると見通す。このため、2025年のADAS/自動運転システムの世界搭載台数は6739万6560台、世界新車販売台数おける搭載率は70.6%に上昇すると予測する。

また、2027年以降「E/Eアーキテクチャ(統合ECU化による集中制御)」「次世代EVプラットフォーム」「OTA(オーバージエアー)/ソフトウエア更新」の採用が主要自動車メーカーで進展する見通し。このため、レベル3は高級車の電気自動車を中心に市場が形成される可能性が高いとしている。レベル4はMaaS(モビリティアズアサービス)向けが中心で、本格的にビジネスが立ち上がるのは2020年代後半になると予想する。

  • レスポンス編集部
  • ADAS/自動運転システムの搭載台数予測《画像提供 矢野経済研究所》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ