【トヨタ シエンタ 新型】月額2万4640円から、サブスク・KINTOで取り扱い

新車 レスポンス

KINTOは8月23日に発売された新型トヨタ『シエンタ』について、同日からKINTOで取扱いを始めた。車にかかる諸経費を月額利用料にコミコミにするサブスク・KINTOを通じて、「Gグレード」の場合、月額2万4640円(消費税込み、以下同様)から利用できる。

KINTOでは、シエンタをオススメする理由として、次の3点をあげる。

(1)KINTOが提供するG/Zグレードでは、安全装備が充実している。「プリクラッシュセーフティ」、「パーキングサポートブレーキ」、「ブラインドスポットモニター」が標準搭載だ。

(2)人気カラーの「ホワイトパールクリスタルシャイン」がKINTOでは追加料金なしで選択できる。

(3)KINTOの3列シート車のラインアップの中では支払い総額が最も少ない。

シエンタは、現在販売されているトヨタ車の他の3列シート対応ミニバンと比較して、最もコンパクトな車種になるが、全高アップとシートスライド改善により、2列目シートの居住性を向上させた。従来型と比較して、全高/室内高を20mm拡大、膝前スペースを80mm拡大した。

KINTOでのシエンタの支払い料金は、Gグレード5人乗りが月額2万4640円(実質年額51万5680円)から、Gグレード7人乗りが2万5190円(実質年額52万2280円)から。

KINTOで取扱うミニバンは『ノア』、『ヴォクシー』と合わせて3車種になる。ノアXグレード7人乗りの支払い料金は月額1万9910円(実質年額56万8920円)から、ヴォクシーS-Gグレード7人乗りは2万2660円(実質年額60万1920円)からとなっている。

子どものいる家庭の生活での不安要素のひとつは、急な出費だろう。KINTOは維持費が月々定額なので、車に関する急な出費がなく、その点は安心して利用できる。また、誰でも運転可能なカバー範囲の広い充実の保険と、トヨタ正規販売店でのメンテナンスが備わる。さらに、契約期間が終了すれば、車は返却するだけ。乗換えや解約もしやすく(解約金フリープラン・のりかえGO)、家庭環境の変化にも対応しやすい。

  • 高木啓
  • トヨタ・シエンタ新型《写真撮影 吉田瑶子》
  • トヨタ・シエンタ新型《写真撮影 吉田瑶子》
  • トヨタ・シエンタ新型《写真撮影 吉田瑶子》
  • トヨタ・シエンタ新型《写真撮影 吉田瑶子》
  • トヨタ・シエンタ新型《写真撮影 吉田瑶子》
  • トヨタ・シエンタ新型《写真撮影 吉田瑶子》
  • トヨタ・シエンタ新型《写真撮影 吉田瑶子》
  • KINTOのミニバンラインアップに新型シエンタが登場《資料提供 KINTO》
  • KINTOのミニバンラインアップに新型シエンタが登場《資料提供 KINTO》
  • 支払いプラン別料金比較:いずれも税込み、最安値グレード/パッケージ、追加オプション無しの場合《資料提供 KINTO》
  • トヨタ車サイズ比較《資料提供 KINTO》
  • KINTOのミニバンラインアップに新型シエンタが登場《画像提供 KINTO》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ