リモートワーク個室、夜行バス乗車前後のパウダールームに活用…新宿で

業界 レスポンス

早朝深夜に発着する夜行バス。乗降する時間帯には周辺施設が営業していないことから、利用者は待合スペースや身支度する場所に困る。そこで、同じ時間帯には利用者がいないと思われる、リモートワーク用の個室ブースを転用するアイデアだ。

WILLER(ウィラー)は、WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス)、2Linksと連携し、2Linksがリモートワーク用に運営する個室ブース「RemoteworkBOX」を、パウダールームや待合スペースとして活用できるサービスを、8月29日より実施する。

ウィラーによると、夜行バス利用者からは、乗降時に周辺施設が営業していないことから、待合スペースやパウダールームを要望する声が多くあるそうだ。

ウィラーエクスプレスでは、大阪市にWILLERバスターミナル大阪梅田を構え、高速バス乗客が利用可能なパウダールームやコインロッカー、荷物預かりサービスなどを提供している。パウダールームは、バスの乗車前後の化粧や着替えなどの身支度をするスペースとして、女性客を中心に月1000名以上の利用があり、乗客アンケートからもニーズのあることがわかるという。

今回のキャンペーンでは、対象エリアに乗降するウィラーエクスプレスの乗客に、バスの乗車前後に身支度を整えるためのパウダールームとして利用できる、RemoteworkBOXの初回限定15分無料クーポンを提供する。キャンペーンはトライアルとして8月29日〜9月30日の期間実施、場所はRemoteworkBOX新宿南口ビル店の9部屋。バスタ新宿から徒歩約2分だ。

RemoteworkBOXは事前予約が可能で、当日探す手間・ストレスがなく利用できる。また、プライベート感が確保された個室空間で、電源やUSBポートも設備として備え、スマホの充電などにも利用できる。RemoteworkBOXの仕様は、デスク、椅子、証明、電源、USBポート、換気扇、電池式火災報知器、放出型自動消火装置。キャンペーン対象のブースには化粧用の鏡とブラインドカーテンを追加した。

  • 高木啓
  • ウィラーエクスプレス。写真は東京駅前《写真提供 ウィラー》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ