賃貸住宅へのEV充電インフラ導入を推進、レオパレス21とテラチャージが提携

エコカー レスポンス

テラモーターズとレオパレス21は8月29日、賃貸住宅へのEV充電インフラ「テラチャージ」導入に向け、提携を開始したと発表した。

テラチャージは、日本でEVがもっと身近になる環境整備へ向け、テラモーターズが2022年4月よりスタートしたEV充電インフラ。EVの充電設備に加え、充電時間の設定や料金決済を行う専用アプリ、管理クラウドの開発から、充電設備の設置工事、ハードおよびソフトの管理運営まで一気通貫の革新的サービスの提供を目指している。一方、レオパレス21は賃貸住宅経営をはじめとする土地活用や全国約56万戸の賃貸住宅管理を行っており、新しいライフスタイルの提案を通じて、入居者に快適で住みやすい住空間の提供を目指している。

今回の提携では、レオパレス21が管理する賃貸住宅に対して、テラチャージの導入を進めていく。入居者に対しては、EV充電ができる環境を提供することにより、EV購入の契機となることやEVユーザーの利便性向上を目指す。またオーナーに対しては、EV充電が可能な住宅および月極駐車場として、空室対策や資産価値向上に寄与する。

両社は今後、既存の賃貸住宅への導入を目指し、新築の賃貸住宅については、レオパレス21の事業戦略に伴ってEV充電インフラの導入の検討を進めていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ