豊田自動織機、HV用バイポーラ型ニッケル水素電池を増産…クラウン新型などに搭載

業界 レスポンス

豊田自動織機は、車載電池製造ラインを石浜工場(愛知県知多郡東浦町)に新設し、2022年10月よりハイブリッド車用バイポーラ型ニッケル水素電池の量産を開始すると発表した。

豊田自動織機は、トヨタ自動車と共同でバイポーラ型ニッケル水素電池を開発し、2021年7月発売のトヨタ『アクア』に、電動車の駆動用車載電池として世界初採用された。同電池は、集電体と呼ばれる金属部品の片面に正極、もう一方の面に負極を塗った「バイポーラ電極(Bipolar:双極)」を複数枚積層させてパックにしている。集電体を正極・負極で共有して、部品点数を少なくすることで電池を小型化。また、通電面積が広くシンプルな構造のため、電池内抵抗を低減し、大電流が一気に流れることで、従来型のニッケル水素電池に比べ、高出力化を実現している。

新工場は月産2万台の生産能力で稼働予定で、2021年5月から電池生産を開始した共和工場(愛知県大府市)とあわせ、月産4万台の能力に増強する。

バイポーラ型ニッケル水素電池は、2022年6月発表のレクサス『RX』、7月発表のトヨタ『クラウン』への搭載が予定されており、石浜工場と共和工場にて、今後の需要拡大に対応していく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ニッケル水素電池 「バイポーラ型」と「従来型」の構造比較《画像提供 トヨタ自動車》
  • トヨタ・アクア《写真提供 トヨタ自動車》
  • バイポーラ型ニッケル水素電池(アクア搭載)《写真提供 トヨタ自動車》
  • バイポーラ型ニッケル水素電池《写真提供 豊田自動織機》
  • レクサスRX《写真提供 トヨタ自動車》
  • バイポーラ型ニッケル水素電池(レクサスRX搭載)《写真提供 トヨタ自動車》
  • 豊田自動織機石浜工場《写真提供 豊田自動織機》
  • バイポーラ型ニッケル水素電池断面図《画像提供 トヨタ自動車》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ