リアルとバーチャルが交差、トヨタが次世代ライド型アトラクションを開発

モータースポーツ レスポンス

トヨタ・コニック・プロとバンダイナムコアミューズメントは、MR(Mixed Reality)技術と1人乗りカートを融合した次世代ライド型アトラクション「FUNVE(ファンビー)」を、VS PARKイオンレイクタウンmori店(埼玉県越谷市)へ9月9日から11月13日の期間限定でトライアル導入する。

FUNVEは、トヨタ自動車の技術系社員の有志で構成された「トヨタ技術会」が制作した、リアルとバーチャルが融合した次世代の体験型アトラクション。全長1550×全幅930×540mmの1人乗りライドで4輪独立モータで駆動。ユーザーはMRグラスを着用してカートに乗り、目の前に広がる仮想空間を実際のカートを操作して体験する。カート本体はハンドル操作の他、ジョイスティックによる直感的な操作もできる。

開発当初のコンセプトは「Fun to Drive for Kids」。開発メンバーの「子どもでも楽しめるモビリティ体験を創りたい」という想いから誕生した。今回体験するソフト「アニマルレンジャー」もメンバー自らが開発・制作。仮想空間でかわいらしい動物たちをキャッチしていくゲームとなっている。

FUNVEはこれまで、一部のトヨタ販売店などで体験会を行ってきたが、今回のトライアルでは、これまでにない2か月という長期間・多数の来場者数を対象に実施。バンダイナムコアミューズメントが運営する「VS PARK」に初めて公式に体験の場を設け、若年層やファミリーをはじめ、さまざまな性年代に体験してもらい、正式導入に向けた課題点やビジネス機会の発見に役立てていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 次世代ライド型アトラクション「FUNVE(ファンビー)」《写真提供 トヨタ・コニック・プロ》
  • 次世代ライド型アトラクション「FUNVE(ファンビー)」《写真提供 トヨタ・コニック・プロ》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ