「事故地点マップ」提供開始、天候も確認可能…トラックカーナビ

テクノロジー レスポンス

ナビタイムジャパンは、トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」にて、過去に自動車事故が起きた場所を確認できる「事故地点マップ」の提供を開始した。

事故地点マップでは、警察庁の「交通事故統計情報のオープンデータ」をもとに、準中型車以上の車両が関係する事故はオレンジ色、普通車以下の車両が関係する事故は青色のアイコンで表示。アイコンをタップすると、事故対象の車両の区分、道路形状、路面状況、信号の有無、事故内容、車両の破損程度、発生日時、当時の天候などの詳細情報を見ることができる。また、事故の対象車両や発生時の天候・路面状況などの絞り込みを行うこともでき、利用時の状況などに応じて絞り込み条件を変更しながら調べることも可能だ。

トラックカーナビでは、これまでも、ナビゲーション中に事故多発地点(約5000か所)に接近すると、音声で注意喚起する機能を提供している。本機能では、約30万件の自動車事故発生地点を地図上に表示し、注意が必要な地点を確認できるだけでなく、事故発生時の詳細情報まで事前に確認することで、より具体的にドライバーの安全運転を促進する。

なお、本機能は無料で利用できる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ