ハンドルのない自動運転バス「Nanamobi」、名古屋都心を走行開始

テクノロジー レスポンス

WILLER、名鉄バス、名古屋工業大学、STATION Aiの4者は9月1日、名古屋市の名駅南〜栄南地区を東西に結ぶ三蔵通を中心とした都心部の公道にて、自動運転の実証実験を開始した。

今回の実証実験は、実運行において再現可能なビジネスモデルの構築を目指した愛知県における2022年度自動運転実証実験に採択されたもの。約1世紀にわたり地域の移動ニーズに応えている名鉄バス、自動運転の知見を持つWILLER、都市デザインの研究を行う名古屋工業大学と、スタートアップ支援拠点のSTATION Aiが、それぞれの強みを活かして共同で実施する。

車両はWILLERがハンドルやアクセル・ブレーキペダルのない自動運転バス『ナビヤ アルマ』(仏Navya社製)を提供。名古屋の三英傑(織田信長、豊臣秀吉、徳川家康)をイメージし、兜の立物および名鉄バスを意識したラインをあしらい『Nanamobi(ナナモビ)』の名称で名古屋都心部を走行する。

Nanamobiは「動く会議室」をコンセプトに、特殊フィルムを貼り付けた車の窓ガラスにプレゼンテーションなどの映像を投影できるようにしており、自動運転車の移動時間に付加価値を与える車室空間について検証。自動運転による自由な移動を想定し、スマートフォンアプリを用いたオンデマンド運行(一部期間のみ)や、遠隔モニタリングを実施する。

4者は実証実験を通じて自動運転の実用性向上を検証し、運転手不足や環境問題といった社会課題を解決することはもちろん、さらなるQOL(生活の質)向上を目指した将来的なサービスモデルを検討する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 自動運転バス Nanamobi《写真提供 WILLER》
  • 走行ルート《図版提供 WILLER》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ