神速の撥水、ガラス系ボディコーティング「G'ZOX ハイモース コート ジ・エッジ」発売

業界 レスポンス

ソフト99コーポレーションは9月1日、カーディテイリングプレミアムブランド「G'ZOX」より、2層構造ガラス系ボディコーティング「G'ZOX ハイモース コート ジ・エッジ」を発売した。

2層構造ガラス系ボディコーティング「ハイモース コート」は2009年に誕生。2019年には撥水と艶を追求した2タイプで新たに展開し、国内外の施工店やユーザーから高い評価を得ている。新製品「ハイモース コート ジ・エッジ」は極致の性能を求めてさらなる改良を実施。G'ZOX最高峰の名にふさわしい、先鋭の撥水性能を発揮する2層構造ガラス系ボディコーティングだ。

ハイモース コート ジ・エッジは、ベース層に高いバリア性を発揮する「超高硬度ガラス系プライマーコート」を、トップ層には先鋭の撥水性能を発揮する「高反応型シロキサン系トップコート」を施工し、滑り性に優れた緻密で平滑なガラス状のコーティング被膜を形成。水が弾かれた瞬間に流れ落ちるような圧倒的なパフォーマンスを実現する。

また、過酷なアルカリ性洗剤による数千回にも及ぶ洗浄テストでも、G'ZOX ハイモース コート ジ・エッジは従来品同様の高い接触角、従来品を凌駕する低い滑落角の極端な変化は認められず、安定した撥水性能を維持。温度・湿度変化にも強く、高温や高湿度になっても被膜性能を維持し、撥水・防汚効果が長期間持続する。

なお、G'ZOX ハイモース コート ジ・エッジには、コーティング施工後の定期メンテナンス通知の自動化や保険適用への信頼性向上につながるG'ZOX独自の電子施工証明書が発行される。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 滑り性に優れた、2層構造の「超撥水」ガラス状被膜《写真提供 ソフト99コーポレーション》
  • 膨大な回数の洗浄にも耐える、高い撥水耐久性能《グラフ提供 ソフト99コーポレーション》
  • 長期間汚れを寄せ付けない耐汚染性能《写真提供 ソフト99コーポレーション》
  • 施工証明書電子化システムの仕組み《画像提供 ソフト99コーポレーション》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ