住友ゴム、センシングコアビジネス実現へ…トライポッドワークスと資本提携

テクノロジー レスポンス

住友ゴム工業は8月30日、車輪速解析技術を活用するビジネスモデル実現に向けて、IoTソリューション企業のトライポッドワークスと資本提携したと発表した。

トライポッドワークスは自動車関連分野でのIoTサービスの開発、クラウドサービスの提供や、企業向け業務効率化アプリケーション、セキュリティプロダクトの開発・販売を手がけている。

住友ゴムはトライポッドワークスの持つハードウエア・ソフトウエア開発やネットワーク構築の強みを活かし、車輪速解析技術をベースとするセンシング技術「センシングコア」を使った事業化の実現を加速する。

住友ゴムは、電動化や自動運転で進化する自動車に、高い安全性能や環境性能を実現するタイヤ開発や周辺サービスの展開を目指している。トライポッドワークスとの資本提携を通じて、周辺サービスの中核を担うセンシングコアビジネスを提供、タイヤメンテナンスの自動化、タイヤトラブル予知による安全確保などの実現を目指す。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ