物流システムで作成した運行計画を「トラックカーナビ」に反映、連携機能の提供開始

テクノロジー レスポンス

ナビタイムジャパンは9月5日、トラック専用カーナビアプリ「トラックカーナビ」を様々な物流システムと連携できる「システム連携機能」の提供を開始した。

新機能はトラックカーナビプレミアムプラスコースの法人契約をしている企業が対象。利用中の物流システムに「トラックカーナビ連携リンク」を埋め込むことでトラックカーナビを直接起動できるようになる。管理者が物流システムで作成した運行計画を、正確かつ簡単にトラックカーナビへ反映。管理者の運行指示の効率化とドライバーのルート入力作業時間や転記ミスのリスクを削減できる。

物流システムにドライバー向けの機能がない場合、運行指示書等にある運行計画をドライバー自身がカーナビに入力をする必要があり、伝達・入力ミスのリスクや入力の手間が発生している。新機能では、物流システムからメール等で共有されたURLリンクをドライバーのスマートフォンでタップするだけで、運行計画が反映された状態でトラックカーナビを起動可能。正確かつ簡単にドライバーが運行ルートを確認・走行開始できる。ルートではなく地点リストでの連携や、途中で目的地を追加したい場合、高速道路の指定した区間のみを走行してほしい場合には、地点単位・インターチェンジ(IC)単位での反映もできる。

また、物流システム側でシステム連携設定を行うと、法人契約をしていないトラックカーナビプレミアムプラス会員とも連携が可能。パートナー企業や個人事業主のドライバーとも物流システムに埋め込んだトラックカーナビ連携リンクと連携し、運行計画や地点の共有が可能となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 運行計画の連携・ルート検索《図版提供 ナビタイムジャパン》
  • 地点/地点リスト/乗降ICの連携《図版提供 ナビタイムジャパン》
  • パートナー企業や個人事業主のトラックドライバーとも連携可能《図版提供 ナビタイムジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ