日本自動車初期品質、ダイハツが3年ぶりの総合トップ 2022年JDパワー

テクノロジー レスポンス

J.D.パワージャパンは9月7日、2022年日本自動車初期品質調査の結果を発表。ブランド別ランキングでダイハツが3年ぶりの総合トップとなった。

調査は新車購入後2〜13か月経過したユーザーを対象とし、所有する自動車の不具合経験を9カテゴリー221項目について聴取し、自動車の初期品質に関するユーザー評価を明らかにする。今年で12回目の実施。カテゴリーは「外装」、「走行性能」、「装備品/コントロール/ディスプレイ(FCD)」、「運転支援」、「インフォテインメント」、「シート」、「空調」、「内装」、「パワートレイン」の9つ。すべての不具合項目は車100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として集計され、数値が低いほど品質が高いことを示す。

調査結果によると、2022年の総合不具合指摘件数は業界平均で138PP100。2021年の137PP100とほぼ同水準だった。最も不具合指摘が少なかったのはダイハツ(116PP100)。セグメント別ランキングでも8セグメント中4セグメントで首位となった。ラグジュアリーブランドではレクサス(169PP100)の不具合指摘が最も少なかった。

9カテゴリーの中で不具合指摘が最も多かったのは「インフォテインメント(24.8PP100)」だった。「車載ナビゲーションシステム - 分かりにくい/使いにくい」、「タッチスクリーン/ディスプレイ - 使いにくい/操作しにくい/分かりにくい」、「車載音声認識 - コマンドを認識しないことがよくある/分かりにくい/使いにくい」などの不具合指摘が多かった。インフォテインメントは、ブランド間の不具合指摘数の差が最も大きかった。最少は17.6PP100、最多では84.3PP100と、66.7ポイントもの差がみられた。

最も多い不具合指摘項目は、2年連続で「車線逸脱ワーニング/レーンキープアシスト - 警告がわずらわしい」。2021年に比べると不具合指摘数は減少し(6.3PP100→5.6PP100)、機能の品質改善は進んでいるとみられるものの、依然として多くのユーザーが不具合を感じている。米国で行われている同調査でも、この項目の不具合指摘数は上位項目だが、米国の調査結果(4.1PP100)に比べても日本の不具合指摘数は多い。日本の道路、交通事情に即した機能の改善が望まれる。

また、オートライト義務化へのメーカーの対応が不具合指摘の増加要因となっている。「車外ライトのスイッチ類 - 分かりにくい/使いにくい/場所がよくない」の不具合指摘は2021年の1.3PP100から1.6PP100へと増加。関連するコメントとして「点灯/消灯タイミングの不自然さ」や「ライトを完全にオフにできない」等が挙げられている。現在のオートライト機能がユーザーの利用感覚に合わないとする不具合指摘であり、機能そのものの改善に加え、販売時のユーザーへの仕様説明も改善が望まれる。

ブランド別ランキングは、マスマーケットブランドトップのダイハツが116PP100で3年ぶりの総合トップ。マスマーケットブランドは以下、2位ホンダ(126PP100)、3位スズキ(131PP100)が続いた。ラグジュアリーブランドではレクサスが169PP100でトップ。2位はメルセデス・ベンツ(175PP100)、3位はBMW(176PP100)となっている。

車両セグメント別モデルランキングトップはは、軽ハイトワゴンがダイハツ『キャスト』、軽スーパーハイトワゴンがダイハツ『ムーヴキャンバス』。コンパクトはトヨタ『パッソ』、コンパクトSUVはダイハツ『ロッキー』。ミッドサイズはスバル『インプレッサ』、ミッドサイズSUVはスバル『フォレスター』。コンパクトミニバンはダイハツ『トール』、ミニバンはホンダ『ステップワゴン』だった。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 2022年 日本自動車初期品質調査 ブランド別ランキング(ラグジュアリーブランド)《グラフ提供 J.D. パワー》
  • 2022年 日本自動車初期品質調査 ブランド別ランキング(マスマーケットブランド)《グラフ提供 J.D. パワー》
  • セグメント別モデルランキング《表提供 J.D. パワー》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ