BMWとMINI、「ビーガンインテリア」初設定へ…2023年から

新車 レスポンス

BMWグループ(BMW Group)は9月7日、BMWとMINIの両ブランドで2023年から、「ビーガンインテリア」を設定すると発表した。

ビーガンインテリアとは、自動車の内装に動物由来の素材を使用しないことを意味する。BMWグループは長い間、レザーに代わるさまざまな素材を研究開発してきた。2023年から初めて、ステアリングホイールの表面に、レザーに代わる動物由来でない素材を使用する。

ステアリングホイールの新しい表面素材は、レザーのような特性を持つ革新的な素材の開発によって可能になったという。触感や高級感、耐摩耗性に関して、厳しい基準にも適合する、としている。

  • 森脇稔
  • BMWとMINIの「ビーガンインテリア」の素材イメージ《photo by BMW》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ