スバル レガシィアウトバック、ライティングスイッチの操作性改善…一部改良モデル発表

新車 レスポンス

SUBARU(スバル)は9月8日、『レガシィアウトバック』一部改良モデルを発表した。

レガシィアウトバックは、1995年に北米市場で誕生。どこまでも走り続けられるような安心感と快適性、荷物を効率的に積める積載性、質感の高い内装など、乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーSUVとして進化を続けている。

今回の一部改良では、ライティングスイッチの操作性を見直し、「車幅灯/尾灯&OFF」を1ポジションから、「車幅灯/尾灯」と「OFF」に分け、2ポジションに変更した。

価格はベーシックグレードの「X-ブレークEX」が414万7000円、上級グレードの「リミテッドEX」が429万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • スバル レガシィアウトバック リミテッドEX《写真提供 SUBARU》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ