色鮮やか、ラピッドブルーの『カマロ』登場…日本のみ限定20台

新車 レスポンス

ゼネラルモーターズジャパン(GMジャパン)は、シボレー『カマロ』にスポーティなイメージを高めた限定モデル「ラピッドブルーエディション」を設定し、9月8日から発売する。

ベースモデルは軽量・高剛性ボディに2.0リットル直噴ターボエンジンを搭載する「LT RS」。鮮やかなトーンが印象的なラピッドブルーのエクステリアを、ブラックのラリーストライプが引き締め、スポーティでパワフルなイメージを際立たせた。インテリアには、限定色セラミックホワイトカラーのレザーシートトリムを採用。高揚感が沸き上がるドライビング空間としている。

ラピッドブルーエディションは日本国内だけのスペシャルモデル。20台限定で価格は660万円。納車開始は2022年12月を予定している。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • シボレー カマロ ラピッドブルーエディション《写真提供 ゼネラルモーターズジャパン》
  • シボレー カマロ ラピッドブルーエディション《写真提供 ゼネラルモーターズジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ