「911」ナナサンカレラ50周年スニーカー、日本限定カラーを「9月11日」発売

業界 レスポンス

ポルシェジャパンは、『911カレラRS 2.7』誕生50周年を記念したコラボレーションスニーカー「ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッドエディション」の日本限定カラー500足を9月11日より発売する。

911カレラRS 2.7は、1972年のパリモーターショーでデビュー。ポルシェ911で初めて「カレラ」の名を与えられ500台が生産されたこの特別なモデルは瞬く間に高い人気を博した。「RS(レンシュポルト)」はドイツ語でモータースポーツを意味。「2.7」リットル水平対向6気筒エンジンを搭載し、最高速度は当時のドイツ製市販車最速の245km/hを記録。日本国内では今もなお「ナナサンカレラ」の愛称で親しまれている。

この特別なスニーカーには911カレラRS 2.7発売当時のラインアップ(10色)が各色500足限定で用意され、その中の「グランプリホワイト/ブラック」が日本での限定販売となる。スニーカーのサイドには、ポルシェロゴとシリアルナンバーが刻まれており、甲部をおおうベロ部分には、独シュトゥットガルトにあるポルシェミュージアムのチケット(2022年12月31日まで1度の訪問が無償で有効)が記されている。

サイズは24から32cm。価格(税別)は2万2700円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッドエディション《写真提供 ポルシェジャパン》
  • ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッドエディション《写真提供 ポルシェジャパン》
  • ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッドエディション《写真提供 ポルシェジャパン》
  • ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッドエディション《写真提供 ポルシェジャパン》
  • ポルシェ×プーマ スウェード RS 2.7リミテッドエディション《写真提供 ポルシェジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ