デザイナーと三河家具の職人がコラボ、木の温もりの軽キャンピングカー「ちょいキャン」

新車 レスポンス

デザイナーと三河家具の職人がコラボして作った、リラクシーな軽キャンピングカー「ちょいキャン豊」が「名古屋キャンピングカーフェス2022」に登場。ダイハツ「アトレー」をベースに車両価格200万円を切った値頃感も魅力だ。

展示は販売元のルート・キャンパー事業部が行う。ちょいキャンシリーズは天然の無垢材を使い、三河家具職人が製造を手掛け、木の温もりを感じさせる。ちょいキャン豊では、車中泊について研究を重ねたプロダクトデザイナーの設計のもと、機能美を兼ね備えたやわらかな曲線デザインが印象的な室内を作り出している。

シンプルながら天井収納や無段式手動リクライニング機能などを備え、使い勝手も良い作り。深くリラックスできる心地良さを追求したという。展示車両には1500Wインバーターやソーラー充電も備えている。

このほか同社ブースには、ダイハツ「ハイゼットカーゴ」をベースにした「ちょいキャン葵」も展示。居間をイメージさせるような和風のレイアウトが注目を集めている。

  • 家本浩太
  • ちょいキャン豊の室内《写真撮影 廣井誠》
  • ちょいキャン豊のお室内《写真撮影 廣井誠》
  • ちょいキャン豊の室内《写真撮影 廣井誠》
  • ちょいキャン豊の天井照明《写真撮影 廣井誠》
  • ちょいキャン豊のソーラーパネル《写真撮影 廣井誠》
  • ちょいキャン豊の電源《写真撮影 廣井誠》
  • ちょいキャン葵の室内《写真撮影 廣井誠》
  • ちょいキャン葵の室内《写真撮影 廣井誠》
  • ちょいキャン葵の室内《写真撮影 廣井誠》
  • ちょいキャンのブース《写真撮影 廣井誠》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ