特殊車両通行許可ルートの音声ナビ機能提供開始へ ナビタイム法人向け運行管理サービス

テクノロジー レスポンス

ナビタイムジャパンは、法人向け運行管理サービス「ビジネスナビタイム 動態管理ソリューション」にて、特殊車両通行許可ルートの音声ナビゲーション機能の提供を2022年12月頃より開始する。

ビジネスナビタイム動態管理ソリューションでは、2018年9月より特殊車両通行許可ルートに対応。管理者が本システム上で通行許可ルート情報を管理して、車両ごとの通行許可ルートをドライバーのスマートフォンアプリ上の地図に表示していた。今回の対応により、通行許可ルートをスマートフォンアプリ上でカーナビのルートとして再現し、音声ナビゲーションが可能となる。通行許可ルートを通常のカーナビ同様、音声案内に沿って運転できるようになるため、ドライバーの安全運転や負担軽減につながる。

また、ドライバーが通行許可ルートを外れてしまった場合には、リアルタイムで管理者側の動態管理画面上に通知。管理者はすぐにドライバーに連絡をして、状況の確認や今後の対応について迅速な指示が可能になる。ドライバーのスマートフォン上でも、「指定ルートを外れました。音声ガイダンスを中断します」という音声とともにルート案内を中止。管理者に連絡をするなどの迅速な対応が可能になる。

ナビタイムジャパンでは、音声ナビゲーションでドライバーがより運転に集中することで安全運行を支援するとともに、より確実に通行許可ルートを走行できるようサポートすることで、コンプライアンス強化に貢献する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 特殊車両通行許可ルートの音声ナビゲーション機能《画像提供 ナビタイムジャパン》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
Q&A
サイトマップ